喫煙者はニオイに注意

近年は健康志向が高まっていることから喫煙者は肩身の狭い思いをしていますが、分煙されていることで快適にタバコを吸うことが出来ます。しかし、お客さんの中にはタバコ嫌いの男性も多いのです。特にデリヘルはキスなどのプレイがありますので、余計にタバコのニオイが気になってしまうもの。そのため、喫煙をする女性はタバコのニオイ対策をしましょう。

待機部屋からラブホテルへ移動をする際、必ずマウスウォッシュでうがいをしましょう。そして、服や髪の毛にもニオイがついているので消臭スプレーをかけてください。喫煙週間があるとタバコのニオイに鈍感になってしまうので注意しましょう。ニオイ対策をしておけばどのようなお客さんが相手でも問題ありません。

また、お客さんが喫煙者だったとしても、何も言わずにタバコを吸ってはいけません。お客さんにひと言断ってから吸うようにしてください。また、タバコはどうしてもマイナスイメージを与えてしまうので、お客さんの前では吸わないようにすることがベストでしょう。特にプレイ後は疲れているのですぐにタバコが吸いたくなりますが、待機部屋に戻ってから吸うことをおすすめします。これによってリピート率もアップするでしょう。


分煙されていると安心

デリヘルの個室待機は周囲に気を遣わないため非常に快適です。しかし、個室待機のブースは完全な個室ではありませんので、最低限のマナーを守る必要があります。たとえば大声での電話などはマナー違反と言えるでしょう。

そして、最も注意したいのは喫煙です。多くのデリヘルでは喫煙ブースと禁煙ブースを分けており、喫煙者もタバコが苦手な方も快適に過ごすことが出来るのです。また、ブースのすべてが禁煙になっており、ベランダに喫煙所を設置しているケースもあります。

かつての集団待機では分煙がされておらず、広い部屋でタバコを吸う女性もいたのです。そのため、タバコの煙が嫌で辞めてしまう女性もいましたが、現在のように分煙されていれば安心でしょう。しかし、現在も分煙がされていない待機部屋も存在しています。デリヘル嬢が待機部屋で過ごす時間は長いので、風俗求人に応募をする前に確認をしておきましょう。

また、いくら分煙されていたとしても、待機部屋の環境は実際に行ってみなければ分からないもの。そのため、デリヘルでは体験入店を行っています。体験入店では待機部屋の雰囲気だけでなくほかの女性との相性、スタッフの人柄などもチェックしましょう。


個室待機の風俗求人

デリヘルは全国的に急増していますが、その理由はどこにあるのでしょうか。それは何よりオープンが手軽ということでしょう。デリヘルはラブホテルでプレイを行うので、プレイルームを用意する必要が無いのです。そのため、指名を待つ間の女性は待機部屋で待機をしなければなりませんが、実際にデリヘルで働くのであれば待機部屋の環境も大切なのです。それでは、デリヘルの待機部屋とはどういった場所なのでしょうか。

これまでの待機部屋は広い部屋で女性が一斉に待機をしていました。これは集団待機と呼ばれており、周囲の女性に気を遣う必要があったのです。さらに、雰囲気に馴染めない女性も多かったため、集団待機が嫌で退店する女性もいました。

そこで登場したのが個室待機です。個室待機とはカーテンやパーティションで仕切られたブースが用意されており、そのブース内で待機をするというシステムです。これはネットカフェのような造りになっているので、周囲に気を遣う必要がありませんので快適と言えるでしょう。さらに、ブース内にはテレビなども用意されており、騒音などを出さなければその中で何をしても問題ありません。そのため、食事をする女性や寝ている女性も見られます。

個室待機であれば快適に待機が出来ますが、そこでも問題が発生しています。それはタバコの問題です。こちらでは待機部屋のタバコの問題について解説いたしますので、風俗求人に応募をする前に目を通してください。

参考サイト・・・汝々艶十三店 | 大阪の風俗求人サイト【汝々艶】