分煙されていると安心

デリヘルの個室待機は周囲に気を遣わないため非常に快適です。しかし、個室待機のブースは完全な個室ではありませんので、最低限のマナーを守る必要があります。たとえば大声での電話などはマナー違反と言えるでしょう。

そして、最も注意したいのは喫煙です。多くのデリヘルでは喫煙ブースと禁煙ブースを分けており、喫煙者もタバコが苦手な方も快適に過ごすことが出来るのです。また、ブースのすべてが禁煙になっており、ベランダに喫煙所を設置しているケースもあります。

かつての集団待機では分煙がされておらず、広い部屋でタバコを吸う女性もいたのです。そのため、タバコの煙が嫌で辞めてしまう女性もいましたが、現在のように分煙されていれば安心でしょう。しかし、現在も分煙がされていない待機部屋も存在しています。デリヘル嬢が待機部屋で過ごす時間は長いので、風俗求人に応募をする前に確認をしておきましょう。

また、いくら分煙されていたとしても、待機部屋の環境は実際に行ってみなければ分からないもの。そのため、デリヘルでは体験入店を行っています。体験入店では待機部屋の雰囲気だけでなくほかの女性との相性、スタッフの人柄などもチェックしましょう。